選手会ニュース

9月27日、静岡競輪場近隣の小学3年生159名が、静岡競輪場を社会科見学のために訪れ、静岡支部選手が講師を務めました。 

  • 報告
  • 社会貢献活動
  • 自転車普及活動
  • 南関東

 9月27日、昨年に引き続き、静岡競輪場近隣の小学3年生159名が、静岡競輪場を社会科見学のために訪れ、静岡支部選手が講師を務めた。  選手は競輪が社会貢献に役立っている事や、競輪選手のアスリート性の事などを話した。その後バンクを歩いたり、検車場でローラー体験等を実施した。バンクではカントの角度に驚きながらも一番上まで登って歩く姿が見られた。ローラー体験では選手が練習の為に使うことなどの説明を受け、体験してみた子ども達は、なかなかバランスが取れず驚きの声を上げていた。

 子ども達は限られた時間の中で、ノートを取ったり、質問したりと一生懸命に学んでいた。

 最後に選手がバンク走行を披露すると、選手達に精一杯声援を送ってくれた。

 参加した選手は「子ども達の真剣な姿に感心しました。これからも子ども達とのふれあいを大切にしたいと感じました」と話した。

 この日は黒田直記支部長と大沼孝行、村本慎吾、小林宏年、植田誠、酒井大樹の5選手が協力した。