選手会ニュース

8月1日大宮駅西口で開催された「大宮夏祭りスパークカーニバル」に埼玉支部選手が参加しました。

  • 報告
  • イベント情報
  • 関東

 8月1日大宮駅西口で開催された「大宮夏祭りスパークカーニバル」に埼玉支部選手が参加した。

 スパークカーニバルとは、町内会の神輿が練り歩き威勢の良い掛け声と、煌びやかな衣装を着たサンバチームの情熱的な踊りが競演するイベントで、今年で30回目となる。

 今年は、生憎の雨天ではあったが、大宮駅西口ということもあり沿道には約1万人の観客の方達が集まり、各チームが出演するたびにおおきな声援を送っていた。

 埼玉支部は、午後8時よりトークショーを行った後に、事前募集した6チームが大宮競輪場のテーマソング「太ももでサンバ」を自由にアレンジしたダンスを披露した。

 参加選手が審査員となり、6チームの中から最優秀チーム賞、選手会賞等を選んでいたが、どのチームも素晴らしく選考には頭を抱えていた。

コンテスト後は、浅草サンバカーニバルを過去9回制した学生サンバ連合「ウニアン・ドス・アマドリース」が演技を披露してくれたが、情熱的なダンスとまとまった演奏に皆が引き込まれていた。

 最後は参加者全員で「太ももでサンバ」を踊り、記念撮影をして終了となった。

 このイベントに参加したのは、馬場喜泰、高橋梨香、砂賀優徳、戸塚涼介、菱沼元樹の5選手。