選手会ニュース

高松市で開催された「サンポート高松トライアスロン ~ 瀬戸内国際体育祭 ~」に香川支部選手がボランティアで審判として参加しました。

  • 報告
  • 自転車競技
  • 四国

 7月9日「サンポート高松トライアスロン ~ 瀬戸内国際体育祭 ~」が高松市で開催され、香川支部選手がボランティアで審判として参加した。 

 前日の8日は四国初のトライアスロン国際大会の「アジアカップ高松大会」が実施され、トップアスリートが高松市内を激走した。そしてこの日は一般の部に当たるエイジ大会が行われ600名以上が参加した。スイム、ラン、バイクと高松市中心部を走り熱戦が繰り広げられた。沿道には多くの方が応援に駆け付け、参加者に大きな声援を送った。

 支部選手はバイクの審判としてエイジ大会をサポートし大会の成功に尽力した。

 この日協力したのは吉田彰久、組橋一高、蓮井祐希の3選手。