選手会ニュース

9月7日から10日に開設68周年記念開催中の岐阜競輪場で、岐阜支部がファンサービスを実施しました。

  • 報告
  • イベント情報
  • 中部

 9月7日から10日に開設68周年記念長良川鵜飼カップが開催された岐阜競輪場で、岐阜支部が開催を盛り上げるためにファンサービスを実施した。

 開催中全日行ったのは開場時のお出迎えとトークショー、そして地元の出走選手をファンと一緒に応援した。お出迎えではファンの皆さんから激励の言葉をかけてもらう等した。トークショーは選手OBで競輪解説者である山口幸二さんの協力で競輪競走のことや選手のプライベートな話などで盛り上がった。特に7日には11月に挙式予定の吉田将成・小坂知子両選手の結婚報告も行われ、観客の皆さんから祝福を受けた。地元選手の応援は皆で一緒に声を上げるなど和気あいあいとした雰囲気であった。

 その他、ゲーム大会や普段は見ることのできないバックヤードツアー、吉田和之選手のお義父様手作りのかき氷機を使った自転車こぎ氷等を行い、ファンの皆様に開催を楽しんでいただけるよう選手一同で協力した。

 期間中協力したのは、板橋常晶、吉田将成、小坂知子、堀兼壽、宮地寧々、後藤彰仁、北村篤、今藤康裕、横関裕樹

、吉村和之、浅井雄三、鷲見逸喜、向井裕紀弘、川西貴之、高井広明、林洋二、浅野将弘、岡崎祥伍の18選手。

 また、開催前々日の5日にはJR岐阜駅中央デッキで開催PR活動を行った。デッキを行きかう方々に開催告知のポケットティッシュを配布して、来場を呼び掛けた。

 この日は施行者やJKAの方々と支部選手、そして山口幸二さんと服部佳代子さんも協力した。

 この日は藤原誠支部長と竹田和幸、吉村和之、板橋常晶、服部正継、不破将登、吉田茂生、山田純也、大洞翔平、森川康輔の9選手が協力した。