選手会ニュース

8月5日、第49回紀州おどり「ぶんだら節」が開催され、和歌山支部が参加しました。

  • 報告
  • 自転車普及活動
  • 近畿

 8月5日、第49回紀州おどり「ぶんだら節」が開催され、和歌山支部が参加した。

 ぶんだら節は、昭和44年の和歌山市政80周年を記念して作られた踊り。踊りを通して郷土芸能の育成と市民相互の連帯意識、郷土愛観念などを願い誕生した。

 毎年60組ほどの団体が参加し、和歌山城周辺を踊りながら練り歩き、暑い夏を盛り上げるもの。地域に親しまれていており、毎年10万人以上が見物に訪れる。選手はユニフォーム姿で踊り、自転車も共にパレードした。昨年から参加を始めて、今年はファンの方にもユニフォームを着て一緒に踊り練り歩いていただいた。

 参加した選手は「ファンの皆さんと一緒に踊り、観客の方からも声をかけていただき、楽しい一日となりまりした」と語り、支部では「県内唯一のプロスポーツである競輪を今度もPRしていきたい」と話した。

 この日参加したのは、大川栄二、布居寛幸、北浦弘幹、堺文人、椎木尾拓哉、中野彰人、藤田勝也、稲毛健太、中野智公、石塚輪太郎、大利航平、小出慎也、布居大地、南潤、山本知佳の15選手とアマチュアの稲毛智也さん、中村泰輔さん、古賀勝大さん。