選手会ニュース

8月5日、東京都立川市で「第29回立川よいと祭り」が開催され、東京支部が出店しました。

  • 報告
  • 社会貢献活動
  • 自転車普及活動
  • 関東

 8月5日、東京都立川市で「第29回立川よいと祭り」が開催され、東京支部が出店した。 

 当日は太鼓、お囃子、音楽隊パレード、よさこいなるこ踊り等華やかな催しものが行われた。

 東京支部はサザンロードに「日本競輪選手会東京支部」ブースを出店。チャリティーイベント「スピードチャレンジ!」を実施。今回は先日の九州北部豪雨災害の為に1回の挑戦に対し100円の募金をお願いして実施した。子どもも大人も、男性も女性も、外国の方など幅広い方々がチャレンジし、暑い中、汗をかきながらペダルを回していた。設定タイムをクリアした方の先着100名の方にはクオカードやタオルハンカチ等の景品をプレゼントした。また選手も模範を示し注目を集めた。

 今回の募金で集まった3万7358円は、立川市公営競技事業部を通じて被災地へ寄付する。

 この日協力したのは山崎充央、後藤学、伊藤之人、大山誉史、高橋築、寺沼将彦、小林莉子、飯田よしのの8選手。